兵庫県姫路市の形成外科 いしなぎ形成外科リンパ浮腫クリニック 【形成外科一般、リンパ浮腫】
ホーム > キズアトとひきつれ

キズアトとひきつれ

キズをしたら、『キズアト』になります。
残念ながら人間の身体は、一度キズをしてしまうと、『キズアト』が必ずできます。

その『キズアト』を瘢痕(はんこん)と言います。
形成外科では、この『キズアト』をいかに目立たないようにするかを考えて治療を行います。

また、『キズアト』が盛り上がってしまった《肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)》や、ひきつれてしまった《瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)》も形成外科の治療対象です。

《ケロイド》も『キズアト』の一種です。単に盛り上がって赤くなっている『キズアト』を《ケロイド》と思われている方もおられますが、専門的にはその分類は多岐にわたります。


治療には、内服薬や外用薬、注射、固定、手術、放射線など様々ありますので、その『キズアト』の状態に応じて最適と思われる治療を選択します。
『キズアト』が気になる方は、是非相談してください。


いしなぎ形成外科リンパ浮腫クリニック
〒670-0912
兵庫県姫路市南町11
Capital.i 姫路3階南

Copyright (c) いしなぎ形成外科リンパ浮腫クリニック All Rights Reserved.