兵庫県姫路市の形成外科 いしなぎ形成外科リンパ浮腫クリニック 【形成外科一般、リンパ浮腫】
ホーム > まぶたの病気

まぶたの病気

眼瞼下垂症

まぶたが下がってしまったために、視野が遮られて見えにくくなっている病気を『眼瞼下垂症』と言います。

『眼瞼下垂症』の患者さんは、見えにくいために眉毛を上げてどうにか見ようとします。そのため、おでこ(前額部)に皺ができている事が多くなります。また常に眉毛を上げようとしているために頭部の筋肉が緊張して、頭痛や肩こりなどの症状が出ることもあります。

『眼瞼下垂症』には、生まれつきまぶたを挙げる眼瞼挙筋の発達が悪い《先天性眼瞼下垂症》と、加齢やコンタクトレンズの常用、外傷などによってまぶたが下がってしまった《後天性眼瞼下垂症》があります。
また、まぶた自体は下がっていないものの、加齢により皮膚がたるんだために視野が遮られている《偽性眼瞼下垂症(眼瞼皮膚弛緩症)》もあります。

当院では、日帰り局所麻酔での手術を行っております。
『眼瞼下垂』かなと思われたら、当院に相談ください。


眼瞼内反症

『眼瞼内反症』は、簡単に言えば《逆さまつ毛》の事です。
まぶたが内向いてしまっているために、まつ毛(睫毛)が眼球を刺激して、眼球にキズができます。この状態が悪くなると、視力に影響を及ぼします。

日本人は、生まれたばかりは8割程度の方が眼瞼内反の状態だと言われていますが、その後成長とともに自然と改善することが多いです。しかし、成長しても改善せずに内反が継続する場合があります。
治療の時期は、内反の程度や眼球のキズの状態で決定します。
幼少の段階で手術が必要な場合は、全身麻酔が必要となりますので、入院が可能な連携施設へ紹介させていただきます。
中学生から高校生くらいになると、局所麻酔下での手術ができるようになることが多い(患者さんの性格によります)ため、当院で日帰り手術が可能です。

また、加齢により内反が生じる事もあります。これはまぶたを支えている組織が年齢によって緩んでしまった事が原因です。多くは下まぶたに生じます。こちらも、日帰り手術が可能です。

眼瞼外反症

『眼瞼外反症』は、多くは下まぶたに生じる疾患で、まぶたが外を向いて「アッカンベー」となってしまった状態です。

常にまぶたが外を向いているために、眼球の乾燥があり、そのために眼球にキズができることもあります。

原因は、まぶたを支える組織のたるみによって生じる加齢性と、キズのひきつれによって生じる外傷性に分けられます。

原因により治療法は異なりますが、多くは日帰り手術が可能です。


いしなぎ形成外科リンパ浮腫クリニック
〒670-0912
兵庫県姫路市南町11
Capital.i 姫路3階南

Copyright (c) いしなぎ形成外科リンパ浮腫クリニック All Rights Reserved.