兵庫県姫路市の形成外科 いしなぎ形成外科リンパ浮腫クリニック 【形成外科一般、リンパ浮腫】
ホーム > 爪

陥入爪(かんにゅうそう)

陥入爪は、爪が周囲の皮膚に食い込む病気です。そのため、痛みや腫れが生じ、ばい菌がつくと膿んでしまうこともあります。
体重のかかりやすい母趾(足の親指)にできることが多いです。
原因は様々あります。元々の体質の方もいれば、深爪をしたり、きつい靴を履いたりしてなる方もいます。痛みがあるために、ついつい刺さっている部分の爪を切ってしまい、さらに深爪になって悪くなる方もいます。

治療方法も様々です。単にテーピングをするだけで軽快する人もいれば、手術が必要な方もいます。手術は局所麻酔で、受診日にすることが可能です。

長年苦しんでいる方も多い陥入爪。
気になる方は一度診察にお越しください。

巻き爪

巻き爪は、その名の通り、爪が巻いてしまい、爪の下の皮膚をつかむような変形を起こしている病気です。やはり皮膚がつかまれるようになるために痛みがあり、また爪切りに難渋される方もいます。
巻いた爪の端が皮膚に食い込むと陥入爪を合併することになります。

治療法は、ワイヤーで矯正する方法と手術があります。
ワイヤーで矯正する方法は、受診日に処置が可能です。
手術は、局所麻酔で行います。爪の下の皮膚のさらに下にある末節骨という骨を削って平坦化することで、爪の下の皮膚を平坦化して、新しく生えてくる爪をまっすぐにしようという治療です。陥入爪の手術に比べると複雑な手術になります。

爪が巻いていてお困りの方は、診察にいらしてください。


※爪白癬(いわゆる爪水虫)
白癬菌が爪に感染を起こして、爪自体が肥厚、混濁、変形することがあります。
この治療は外科的にはできず、皮膚科での検査や処方が必要になります。


いしなぎ形成外科リンパ浮腫クリニック
〒670-0912
兵庫県姫路市南町11
Capital.i 姫路3階南

Copyright (c) いしなぎ形成外科リンパ浮腫クリニック All Rights Reserved.